裸で酒を掛け合いたばこの火が引火…男性が軽いやけどという記事より。

12日未明、都内の居酒屋で仲間と飲酒していた男性(27)が体にやけどを負い、病院に運ばれる事故があった。

度数の高いお酒に火をつけてみるというのは、けっこう試したことがある人も多いのではないかと思うのですが、度数の高い酒を浴びて火がついてしまった事故がありました。

警視庁丸の内署によると男性らは当時、酔った勢いで上半身裸になり、ウオツカやテキーラなどを体に掛け合っていた。体に浴びた酒にたばこの火が引火したという。

まさかウォッカやテキーラを浴びて火がつくとは思わなかったのでしょうね。服を着ていなかったおかげで、大事に至らなかったのでしょうか。

「普通に飲んでいる分にはたばこを吸っていても危険はない。度数が強く、アルコールが蒸発すると燃えやすくなる」ということで、飲む分には問題ありません。