高速道に肺魚の落とし物という記事より。

新潟県長岡市白鳥町の北陸自動車道上り線で6日夜、体長約45センチの生きた肺魚が落ちているのを県警高速隊員が見つけ、回収した。

高速道路で、肺魚が落っこちているのが発見されたそうです。水槽ごと落下してしまったご様子。路肩に落ちてことなきを得たようです。

そして肺魚。なぜ道路で生きていたのか。それは、肺魚だけに水がなくても肺で呼吸することができるからなのです。

調べでは、肺魚は熱帯産の「プロトプテルス・アネクテンス」。ペット店などで販売され、「生きた化石」としてマニアなどに人気がある。

ペット店などに運ばれるときに落ちてしまったのでしょうかね。持ち主のところに戻れると良いのですが。

ハイギョ - Wikipediaによると、数千円から数万円程度で購入できるようですね。