<気象病>北海道で短時間に気温急上昇か 気象協会が注意という記事より。

日本気象協会北海道支社は20日、21日午前から午後にかけての短時間に気温が急上昇し、体調不良や気分が落ち着かないなどの「気象病」が起こる可能性があるとして、「車の運転や、夫婦げんかに注意を」と呼びかける異例の気象情報を出した。

週末のニュースだったのですが、短時間で気温が上昇することで「気象病」というものが起こるというのを初めて知りました。

短時間で気温が上昇すると、体調不良や気分が落ち着かないなどの「気象病」が起こる可能性があるのだそうです。

クルマの運転はもちろんですが、夫婦ゲンカにも注意を、というのがなかなか面白いですね。ひとしきり夫婦ゲンカした後に「今日は気象病だったからな」なんて二人で微笑み合ったりして。しないか。

気象病は、気象の変化によって発病する現象を差し、「雨の日には神経痛がひどくなる」といった症状などが含まれる。

なるほど、気象の変化で起こるのは「気象病」という訳なのですね。