米大学乱射 携帯映像がブログで“中継”という記事より。

土木工学専攻の留学生ジャマル・アルバゴウティさんは、2度目の銃撃が起きたノリスホールの近くで、携帯電話を使って、銃を構えた警官らが慎重に建物に近づく様子を撮影した。

Virginia shooting caught on tape」で動画を見ると、実際に発砲している音も聞こえます。

こうした発砲事件では、事件後の映像を目にすることは多くても、こうして事件が起きている進行形の動画は初めて見た気がします。

他にはブログで様子を伝えているものもあるそうです。

銃撃を手に受けて負傷した女友達のケイトさんからの電話を受けた「ポール」という学生は、自らのブログで、ケイトさんの話として事件の様子を伝えた。

いずれもマスコミが編集した情報でなく、限りなく一次情報ないしはそれに近いものですね。

携帯電話の動画機能というのは確かに、ビデオカメラを常に持ち歩いているようなものなのかもしれませんね。

追記:

YouTubeにも動画がアップロードされていました。