「くまぇり」に懲役10年判決という記事より。

長野県諏訪市を中心に起きた連続放火事件で、放火などの罪に問われた飲食店手伝い平田恵里香被告(21)の判決公判が9日、長野地裁松本支部で開かれ、峯俊之裁判長は懲役10年(求刑懲役13年)を言い渡した。

放火で逮捕・起訴されていた「くまぇり」こと平田恵里香被告に、懲役10年が言い渡されたそうです。求刑は13年だったので、よく言われる8割くらいでしょうか。

論告で検察側は「現場写真をホームページに掲載して楽しむなど愉快犯であることは明らか」と指摘。弁護側は反省しているとして、情状酌量を求めた。

もし確定すれば、20代を刑務所の中で過ごすことになる「くまぇり」です。

判決直前「くまぇり」獄中手記が月刊誌「創」に掲載によると手記が月刊誌に掲載されるそうですが「一番楽しみたい20代を刑務所で過ごさないといけない。もう気がぬけて、人生おわったと思っています」などと書き綴っているそうです。

「いたずら」の代償は大きかったですね。

■関連記事

自称アイドルブロガー“くまえり”放火で逮捕
くまえり、芸能界入り直前だった?
くまぇり、放火で起訴
くまぇり、公判で起訴事実を認める
くまえり、自殺未遂
「くまぇり」懲役13年求刑