“泡沫候補”浮上させるYouTube 選管も困惑という記事より。

東京都知事選に立候補したある候補者の政見放送が、3月末にYouTubeに投稿された。当選の可能性が薄い“泡沫候補”だったが、特徴的な外見や話し方、過激な内容がネット上で話題になり、再生回数は、削除されるまでの約1週間で50万回以上に上った。

公職選挙法に違反している可能性があり、選挙管理委員会でも対応に苦慮しているということですが、これはもういたちごっこというか、避けられない流れなのでしょうね。

今回、YouTubeとブログがあることで、ネットでの選挙活動が解禁されれば、お金をかけなくても選挙で戦える可能性が示唆されたのかもしれません。もちろんパフォーマンス合戦ではなく、政策が大切なのは言うまでもないですが。

ネットでいじられる政見放送という記事もありました。

「政見放送は早朝や夜中が多く、素晴らしい演説をしたとしても真面目に見ている人は少ないだろう。ネット上でのPRは効果的で時代に即したやり方だ」。今回の都知事選候補の中からも、こんな声があがっている。

法律が追いつかず、という感じでしょうか。