花嫁衣装着るため55キロ減量!という記事より。

元ボクシング世界王者井岡弘樹氏(38)のジムに通い、体重125キロから55キロ減のダイエットに成功した女性が1日、挙式し、念願のウエディングドレスにそでを通した。

間食が習慣化して125kgに体重が増えていた女性が一念発起。テレビでボクシングのダイエットを見て、兵庫から大阪に引っ越しして、元ボクシング世界王者井岡弘樹氏のジムに通ったのだそうです。

その結果、125kgから70kgへの減量に成功し、着られないと思っていたウェディングドレスを着ることができたということです。ちなみに70kgは、ダンナさんと出会った頃の体重だそう。

最初の7ヶ月は仕事を休んでいたというのですから、努力のほどが伺えます。今では30分くらいは全力で走れるほどの体力がついたのだとか。

とはいえ、1年半に及ぶ減量ですから、並大抵のことではなかったでしょうね。コツコツと続けたダイエット、継続は力なり、ですね。

「縄跳びもできなかった子が、よくここまで頑張った」と井岡氏。「やせさせる自信はあったが、本当によく頑張った」とも。