“盗作”大田区議また悪癖…Wikipedia丸写しという記事より。

この中で、最後の3行を除き、大部分がネット上の百科事典「Wikipedia」にある「ボストン美術館」の記述と酷似しているのだ。

太田区議の鈴木章浩氏が、視察で訪れたボストンのレポートでWikipediaを丸写ししてしまっている疑惑が明らかになったのだそうです。

続く「館名の英語表記は(中略)、『ボストン美術館』というよりは『ボストンの美術館』という語感に近い」とトリビアも、完全に一致している。

もろにそのままというのが‥‥Wikipediaの引用でいいならば、ボストンに行く必要はないんじゃないかという気がしてしまいますね。しかもこれが初めてではなく、以前にも同様のことを指摘されていたことがあるそうです。

テレビの取材には「そっくり引用しているんだから、かえって正直でしょう」とコメントしているのだとか。

自身のウェブサイトでは「海外視察報告書無断引用報道の件について」として反省文が掲載されていました。

ちなみにぼくもボストンに行ったことがあるのですが、ホエールウォッチングツアーが非常に印象に残っています。高速船だったら1時間強でしょうか。ほぼ必ずクジラが現れるというポイントにご案内です。あれは凄かったー。