「日本アニメの実写映画化」にハリウッドが興味を示す理由という記事より。

映画化の話題だけが先行し、いまだ日の目を見ないでいるアニメ・マンガも多い。しかし最近では、「第2次の日本マンガ映画化ブームが到来しつつある」と見る映画関係者もいる。

アメリカで日本のマンガの売り込みを手伝っている人たちへのインタビューを交え、なぜハリウッドが日本のアニメの映画化に興味を示すのかを分析している記事です。

「ドラゴンボール」や「AKIRA」などが実写で映画化されるという話はありましたが、未だ実現していません。「たったひとつのキラーコンテンツが会社を大いに潤す可能性がある」ため、青田買いのような状況もまずはあるそうです。

ハリウッドが日本のマンガに興味を示す一つの理由としては「非常に基本的な部分として、原作が面白いから」というのは間違いなくあり、ヒットのネタを探しているのは間違いないみたいです。

さらに重要なのが、

「映画産業的に見ると、日本は米国と同様に大きな、見逃せない市場。米国と日本の両方でヒットを飛ばすことができれば、興行成績も満足のいくものになる」

という日本市場の美味しさなのだそう。

「ラストサムライ」が例に挙げられていますが、アメリカで1億ドル以上、日本でも100億円以上を稼ぎだしたそうで、日本でもヒットすれば興行収入が倍になることが挙げられています。

原作も良い日本のマンガ・アニメを使えば、日本でのヒットもより見込みやすくなりますから、そういう思惑というのがあって当然なのかもしれません。

ぜひイリヤッドをハリウッドでお願いします。

イリヤッド~入矢堂見聞録~ 13 (13)

イリヤッド~入矢堂見聞録~ 13 (13)