「弁護士のくず」が小学館漫画賞という記事より。

第52回小学館漫画賞は22日、井浦秀夫さんの「弁護士のくず」(「ビッグコミックオリジナル」連載、一般向け部門)など4作品に決まった。

豊川悦司主演でドラマ化もされた、ビッグコミックオリジナルで連載中の「弁護士のくず」が、小学館漫画賞を受賞しています。

弁護士のくず - Wikipediaから引用すると、こんな感じのストーリーです。

破天荒で無茶苦茶な言動から「人間のくず」とまで呼ばれる雇われ弁護士九頭元人(くず・もとひと)が、弁護士事務所に舞い込んでくる様々な依頼を引き受ける過程で、弁護士とは思えないような方法で依頼を解決する様や、その過程で依頼人の裏に潜む人間模様を描いている。

かなり毒っぽいことを言いながら、依頼を解決していきます。最終的にどんでん返しになるようなストーリーが多いかもしれませんね。

ちなみにマンガでは、主人公の九頭元人はビートたけしにそっくりです。

弁護士のくず DVD-BOX

弁護士のくず DVD-BOX

弁護士のくず 1 (1)

弁護士のくず 1 (1)

弁護士のくず 2 (2)

弁護士のくず 2 (2)

弁護士のくず (3)

弁護士のくず (3)

弁護士のくず 4 (4)

弁護士のくず 4 (4)

■関連記事

小学館漫画賞が決定

第52回小学館漫画賞は22日、井浦秀夫さんの「弁護士のくず」(「ビッグコミックオリジナル」連載、一般向け部門)など4作品に決まった。賞金は各100万円。贈呈式は3月2日に行われる。