害虫を瞬時に“凍死” ライオン、日本初のスプレーという記事より。

ライオン(東京都墨田区)は、強力な冷却成分で不快害虫を瞬時に“凍死”させる殺虫スプレー、「バルサン 飛ぶ虫氷殺ジェット」・「同 這(は)う虫氷殺ジェット」を、3月6日に発売する。

テレビのニュースでも見たのですが、冷やして虫を退治するのは良いアイデアだなー、と思いました。

殺虫成分が入っていると身体によく無さそうなので、子供が生まれてから殺虫剤を使っていませんでした。

一時は白い液体で動けなくしてしまうタイプも使ったのですが、壁に貼り付いてしまってとれないことがあったんですよね。

ということで、

同社が昨年、従来の殺虫スプレーの気になる点を調べたところ、「スプレーした殺虫成分の人体への影響」(80%)、「使用後のニオイ」(57%)が挙げられ、特に使用者の9割以上が購入時に人体への安全性を重視していることが分かった。

ということからも分かるように、みんな同じことを考えていたのですね。


気化速度の違う2種類の冷却成分を組み合わせ、虫の体表面から素早く大量の熱を奪うことで効果的に殺虫するという今までにない殺虫原理を応用した。

噴霧直後にマイナス40度に達したガスが虫の熱を奪うそうです。発売されたら購入してみたいと思います。