宮崎県知事にそのまんま東氏という記事より。

4月の統一地方選、夏の参院選へ続く政治決戦の初戦だったが、自民党は2人の官僚出身候補の出馬をめぐり分裂し、民主党は独自候補の擁立に失敗。政党の支援を受けなかったそのまんま東氏が、既存政党に批判的な無党派層を中心に、政治不信を抱く有権者を引きつけたのが勝因とみられる。

宮崎県知事選挙に出馬していたそのまんま東が、なんと見事に当選を果たしたそうです。家族と別れて目指した政治家になっています。

いろいろと勝因はあるでしょうが、テレビで演説を見ていて思ったのは、話が分かりやすかったですね。元芸人ですから話のうまいのでしょうが、大学時代に学んだ政治学も活かされていたのではないかと思います。変わってみたいという宮崎県民のハートを掴んだのではないでしょうか。

ということで、そのまんま東氏神妙に「これから真価」で「これから本当の真価が問われる」とコメントしていますが、どんな手腕を発揮してくれるのか楽しみなところです。

なおそのまんま東氏 知事は本名で活動によれば、知事活動は本名の「東国原英夫」で行うそうです。

NHKが“超速報”東氏22日TV行脚にもありますが、20時の投票終了直後に「当選確実」になったことも話題になっていますね。ものすごいスピードです。

元相方の大森うたえもんも祝福…そのまんま東氏宮崎知事当選でユニークなエピソードが紹介されていました。

東氏は小学生の時、「将来の夢を書きなさい」と学校の課題に対し「フランス人になりたい」と意味不明な解答を書いた。担任の先生は怒りもせず「頑張ればなれます」と連絡帳に返事を返したという。

これは先生が素晴らしいですね。

■関連記事

師匠のたけしはダンマリ

東の当選に、師匠のビートたけし(59)はコメントを控えた。81年に迎えた一番弟子。かつて所属していたオフィス北野は「東本人の会見を受けてから(22日以降に)検討したい」と説明した。

東氏 しがらみのなさが圧勝に

共同通信社が実施した出口調査の分析でも、東氏は「支持政党なし」と答えた無党派層の56・0%から支持を得ただけでなく、自民党支持層の34・8%、民主党支持層の48・6%からも票を獲得するなど、政党の基盤にも大きく食い込んだ。

そのまんま東氏 勝っちゃった…宮崎知事選

「私自身を変えることがテーマだった。そのまんま東から東国原への改革は途中だけど、この選挙戦でだいぶやっていける感じがつかめた。宮崎県の夜明け、第一歩にしたい」。投票率64・85%。

本名・東国原英夫でスタート…そのまんま東氏に聞く

「1年目は予算もすでに決まっているので、スロースタートとなると思う。私の普段のマラソンは、スロースタートで、後半に伸びていくスタイル。今回の選挙戦でもそうだった。そういう4年間になると思う」

投票率64%超え県民期待…そのまんま東氏宮崎知事当選

「政党不信の表れだろう」推薦した持永氏が東氏の半分程度の得票に終わった与党では、敗戦を深刻に受け止めている。

傷害、淫行、暴行 謹慎中に猛勉強…そのまんま東氏宮崎知事当選

謹慎中に勉学に励み、同年、早大第二文学部に合格。04年3月に卒業。卒業論文のテーマは「選挙活動」。政界進出を目指し、04年4月、同大政治経済学部に入学。

そのまんま東氏が初当選…出直し宮崎県知事選

一票を投じた20代から40代の男女の過半数から支持を受け、県内各地で無党派層に浸透。自民、民主両党の支持層にも食い込み、川村氏らほかの候補を引き離した。

宮崎知事にそのまんま東氏

官製談合に関係した職員の懲罰強化や内部通報制度の整備など入札制度改革を主張。単年度で350億円の財源を捻出(ねんしゅつ)するなど数値目標を盛り込んだ選挙公約を掲げ、政策論争もリードした。

圧勝!3分で当確!宮崎県知事にそのまんま東氏が初当選

素人ばかりでの選挙戦。「一からの手作りで混乱したこともあった。その手作り感が私の血となり肉となって、勉強させてもらいました」と振り返った。

“そのまんま旋風”が安倍自民も小沢民主も吹き飛ばす!

東氏の当選に両親は涙、涙。会見場で息子の当選を見届けた父、利夫さん(70)と母、タミさん(77)。タミさんは、壇上であいさつする息子の姿をハンカチで涙を拭きながら見守った。「もう、なんと言っていいのか…。うれしいのひと言ですね」。