<あるある大事典>「納豆ダイエット」はねつ造 関西テレビという記事より。

関西テレビ(大阪市北区)は20日、今月7日にフジテレビ系で全国放送したテレビ番組「発掘!あるある大事典2」で、事実とは異なる内容が含まれていたと発表した。

納豆がダイエット効果で売り切れ?ということで、“あるある”のおかげで納豆が売り切れて大変なことになっていることはお伝えしたのですが、なんとデータがねつ造されていたそうです。

どひゃー。

(1)被験者がやせたことを示すのに別人の写真を使用(2)米の大学教授の発言の日本語訳の一部をねつ造(3)被験者の一部の中性脂肪値が正常値になったとしたが、測定せず(4)納豆を朝2パックまとめて食べた場合と、朝晩1パックずつ食べた場合の比較で、被験者の血中イソフラボン濃度の結果をねつ造(5)被験者の血中のDHEA(ホルモンの一種)量検査のデータをねつ造、また、許可を得ずグラフを引用—していたことが分かった。

えーと‥‥。

言葉を失いますね。

これまでの放送もどうだったのかと思ってしまう訳ですが「原因の究明を行うとともに過去の放送分についても検証を行い」ということです。今回に限ったことではなさそうな予感。

ウェブサイトにはお詫びが掲載されています。

■関連記事

「あるある大辞典2」21日の放送中止

小川誠制作局長は「昨秋から制作に入っていたが、米での取材が難航し、期待していた教授に取材できなかったことから、制作サイドが追い詰められ、こういうことを引き起こしたのではないか」と話した。

キー局フジもドタバタCMなし大事態

「スタメン」開始前の午後9時から、関西テレビによるおわびが放送される。問題の放送から2週間も経過し、問題の報告は放送の前日。フジテレビ内からは「暗い気持ちだ」という声が聞かれた。

納豆データねつ造「あるある」打ち切りも

同番組は関西テレビと大手制作会社「日本テレワーク」の共同制作。テレワーク社が複数の制作会社に発注し、9チームに分かれて取材や編集をしていた。同社は科学的手法の番組作りに定評のある制作会社だが、05年に発覚したテレビ東京の「教えて!ウルトラ実験隊」のデータねつ造の不祥事でも番組制作に携わっていた。

発覚!「あるある大事典」大ウソ…データねつ造納豆ダイエット

04年に番組内で「にがり」ダイエットを特集した際、実際にやってみた視聴者が下痢などの症状を訴え、厚生労働省から警告が出されたことはあったが、今回は反響が大きかっただけに厳しい批判は免れない。

一瞬だった納豆「あるある」特需

「あるある」がきっかけとなり、小売店やメーカーは、“納豆特需”に沸いていた。

「あるある」納豆データ捏造

関西テレビは「会いたい教授に会えないなど米国での取材が難航し、制作者サイドに余裕がなくなったのが一因」と説明。どのチームが不正をしたか今後調べる。