GAP身売りか、販売落ち込みという記事より。

9日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、米衣料品大手ギャップが身売りを含む抜本的な経営再建策を検討していると報じた。

記事によればGAPは世界中で約3,000店舗を運営する巨大企業です。身売りが実現すれば、売却額は180億ドル‥‥日本円にして2兆円以上になるのではないか、という見方もあるのだとか。

それにしても、なぜGAPが苦境に立たされているかというのが気になりますが、日本からユニクロから参入するなど、競争が激化しているのが原因なのだそうです。

同社は、米証券大手ゴールドマン・サックスと契約を結んでおり、30%を超える株式を保有する創業者一族の意向を踏まえながら再建策について協議するとみられる。

こういう話が出てくるということ自体、けっこうヤバい状態にはなっているのだとは思いますが、果たしてGAPの行く末は?