別れてすぐ別人と結婚、女性に賠償命令という記事。

結婚を前提に交際していた男性に突然別れ話を切り出し、2カ月後に他人と結婚した女性に対し、男性が「精神的苦痛を受けた」として1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は19日、120万円の支払いを命じた。

将来的に結婚するために転職、教会ま見学、親族への紹介なども済ませていたのに、女性が別れ話をし、2ヶ月後に別の男性と結婚したことに関して、女性に賠償命令が出ています。

記事では詳しく書かれてはいませんが、二股をかけていたとか、もしかするとそういうこともあったのかもしれませんね。

裁判長は「婚約はなくても、結婚を視野に交際していた。女性は男性と今後も良好な関係を続けるような態度を取りながら交際解消を申し入れ、2カ月足らずで別の男性と結婚。女性は交際解消へ、真摯(しんし)な努力をすべき義務に反した」と判断しています。

結婚前提でお付き合いしている場合には、別れる場合もいろいろと気を遣わないと、ということでしょうかね。