イギリスからオーストラリアに34万円でカレー配達という記事より。

オーストラリアのパースでクリケットの国際試合を観戦している英国人グループが、試合会場から約1万5000キロ離れた英バースのレストランに、カレーの配達を注文した。

「お気に入りのシェフが作ったカレーがどうしても食べたくなった」という理由で、オーストラリアからイギリスにカレーの注文をした人たちがいるそうです。

クリケットの試合をしている人たちではなく、観戦している人たちだというのがまた凄いですね。

「最初は冗談かとも思ったが、彼らは真剣にカレーが食べたいと願っていた」とインド料理店「ボンベイ・ナイツ」のオーナー。注文を快諾したということです。

しかも「今年のドイツW杯でも、現地の英国人サポーターに配達した実績がある」ということで、今回はもっとも遠い場所への配達になるのだとか。

オーダーは、ラム・ダンサクカレー、マッシュルームピラフなど6品。通常の料金は約140ポンド(約3万2000円)だが、今回は配達料を含め総額1500ポンド(約34万円)になる。

34万円で世界中にニュースとして配信されるのですから、宣伝と考えれば安いですね。

とはいえ、アラスカとかから「オーロラの取材に来て欲しい」とかメールが届いたらどうしよう‥‥。どうします?