焼き肉のたれで3週間山中を生き延びるという記事より。

兵庫県の六甲山で行方不明になり、約3週間ぶりに山中で発見された西宮市職員打越三敬さん(35=西宮市上之町)が、家族に「焼き肉のたれと水で生き延びた」と話していることが11日分かった。

六甲山の山頂でバーベキューをした後、一人で下山していた人が足を滑らせて転落してしまったのだそうです。運悪く骨盤を骨折してしまい動けなくなってしまいます。

救助を待ちながら、かばんに残っていた焼き肉のたれとペットボトルの水を飲んで過ごしていたことを、家族に話しているそうです。

その後、意識を失いながらも登山客に発見されたそうで、カバンに焼き肉のたれが残っていたこと、運良く発見されたことなど、幸運が重なったのですね。

それにしても、焼き肉のたれと水で3週間も生き延びるなんて、焼き肉のたれって栄養価が高いのでしょうかね。焼き肉のたれでごはんももりもり食べられますしね。

滑落男性 焼き肉のたれで3週間、生還によると、

同市の関係者はこのたれについて「ガラス瓶からシールがはがれていたが、おそらく“エバラ黄金の味”」と指摘する。

ということで、ものすごい宣伝効果ですね、これは。

“黄金の味”にはリンゴ、モモ、ナシ、ウメなどの果実類のほか、しょうゆや砂糖、食塩といった調味料類も豊富。タマネギやニンニク、ポークエキスなども含まれており、バランスのとれた“総合食品”ともいえる。

やはりさまざまな旨味が入っていますから、栄養もバランスが取れているのですね。

「そのまま食べることを想定して作っているわけではないが、エネルギーに変わりやすいものが含まれていたのが幸いしたのでは。当社製品が役立ったのなら大変うれしい」とエバラ。

エバラ 黄金の味中辛 275円