無料でオンラインプリントできる写真共有サービス「Priea」で注文した写真が「Priea」から届きました。

Sany0006-4

1週間くらいかかると思ったら、なんと中一日で届いてしまいました。サービスインして申し込みが殺到しているところだと推測されるのですが、申し込みから到着まで非常にスピーディーでした。

宛先が書かれた紙、厚紙と一緒にクロネコメール便で送られてきました。中身はこのような感じです。

Sany0008-1

まず気になるのは画質だと思うのですが、もの凄く粗かったのですよ。えー、なんでー、と思って調べたら、サムネイル画像のデータを送ってしまっていました‥‥。

ということで、画質に関してはハッキリとは分からないのですが、届いている写真から推測するに、恐らく普通にキレイだと思います。

そして次に気になるのが広告ですね。

ハーフサイズタイプとロゴタイプと、2種類が混じっています。まずハーフサイズのものは、年賀状に見えました。多分、半分にカットしてアルバム等に入れられるのかなぁ、という気がします。

ロゴタイプは思ったより気になりません。ただそれもロゴにより、派手なものは違和感があったりします。

どちらにしても、自分としては広告が入ったものをそのままアルバムに入れたり友達にあげることはあまり考えられないので、どういう用途で使うかなー、とちょっと考えてしまいました。

ネットのオフ会の写真をたくさん印刷してあげる。でもそれだったら、Flickrにアップするかデータをあげればいい気がするな。

というところで、渡すとすればあまりネットに縁のない人でしょうか。広告出稿している企業も、どちらかというとそういうところでいろいろな人の目に触れることを期待しているのでしょうね。

ロゴが入っているからこそ、無料なのだと、それは納得です。

ただあえて欲張らせて頂くとすると、例えば写真の裏に広告を印刷するとか、郵送時にダイレクトメールのような形でチラシを入れるとか、写真以外の部分に広告が入っていると、いろいろな人に勧められるし、いろいろな人にプレゼントできるかな、と思いました。すいません、欲張り過ぎで。

「プレゼントオプション」にチェックしておくと、友達にあげる用の封筒が同封されていて、それにも広告が入っているとか。

あらかじめ家族構成や年齢、職種などを登録しているので、そういったところで何かうまい組み合わせができるといいなー、と。

というのも、ウェブアプリケーションのインターフェースが非常に直感的で分かりやすいからなのです。あれだったら、いろいろな人でも使えると思うので、そういう意味で写真共有のプラットフォームの一つになってくれたらいいな、と。

広告の方法は今後も変わっていくと思うので、期待です!