番号継続制でKDDIが10万台弱の純増という記事より。

携帯電話各社は8日、同じ番号のまま携帯会社を変更できる「番号継続制」を利用した契約移動状況を発表した。

au、MNPによる転入が10万人突破ということで、auの数字だけ分かっていたのですが、ドコモ、ソフトバンクもMNPによる契約移動状況を発表したそうです。

それによると純増減数は‥‥

・au +約98,300台
・ドコモ -約73,000台
・ソフトバンク -約23,900台

となっているということで、auの一人勝ちとなっています。

ただ想像よりはMNPによる移動が少ないのかな、という印象もあります。番号がそのまま継続できるといっても料金プランであったり、メールアドレスの問題もあったりするのでしょうね。

なので、現時点でMNPをしている人たちは、かなり切実とも言えるのかもしれません。

電気通信事業者協会は、番号継続制以外の新規契約、解約も加味した10月の携帯契約数を発表。純増数はKDDIが20万600台で3カ月連続の首位だったが、ドコモは4万800台で前年同月の約9万台に比べ大幅に縮小、ソフトバンクモバイルは2万3800台にとどまった。

この数字も凄いですね。auが圧倒的です。

■関連記事

携帯3社中間決算、KDDIだけ増益確保

ソフトバンクモバイルによると、本業のもうけを示す営業利益はプラスだったが、純利益はボーダフォンからソフトバンクへのブランド名変更や本社移転に伴う費用で特別損失が膨らんだのが響いた。