酒を飲んだ後、ラーメンが食べたくなるのはどうしてという記事がありました。

カロリー上ではお酒を差し引いても、結構な量を摂取している人が多いのだ。ならば、どうして飲酒後にラーメンが食べたくなるんだ!!...と不思議になってくるものだ。もしかしたら、空腹ではないけど、習慣でそういう行動をとっているのだろうか?

そうなんですよ。確かに飲んだ後って、ラーメンが食べたくなるから不思議です。けっこうお腹いっぱいだったりするんですけどね。

でも最近は、寝る前にラーメンは食べすぎなので、おにぎりくらいにするようにしています。深夜になると、なんとなく小腹も空いてしまいますからね。

ということで、なぜ酒を飲むとラーメンが食べたくなるか、という理由が明かされています。

肝臓がアルコールを分解する時、血中ルコースを消費するのだ。血中グルコースなんていうとピンと来ないが、「血糖」という名前でおなじみですね。人間は血糖が高い状態だと食欲が湧かないが、逆に低くなると「ゴハンの食べ時だよ」と指令が送られ、腹が空いてくるのだ。

アルコールを分解するために血糖を消費するので、お腹が書いていないのに空腹サインが出てしまうのだそうです。

そしてなぜラーメンなのかというと、深夜に空いているのはラーメン屋、舌が麻痺していて味の濃いものが欲しくなるといった理由が考えられるそうです。

なるほどね!

この雑学調査隊というサイトは他にも、ジェット燃料って何?とかエアーポケットとか面白いですね。