セントルイスが米国で最も危険な都市という記事より。

米調査会社モーガン・クイットノーは30日、全米で2005年に最も危険だった都市は、地元球団カージナルスが27日、米大リーグ・ワールドシリーズで24年ぶりの優勝を果たしたセントルイス(ミズーリ州)とする犯罪分析結果を発表した。

田口のいるカージナルスがワールドシリーズで優勝し、日本でも一気に知名度が上がったセントルイスだと思いますが、ある調査によると、2005年にアメリカで最も危険な都市だったことが明らかになったそうです。

セントルイスは2004年から昨年にかけ、凶悪犯罪が20%近く増加。02年に続く「治安ワースト都市」となった。

殺人や強姦などの凶悪犯罪統計を調査したものだそうです。

そんなに危険なイメージはもっていなかったのですけど、セントルイス - Wikipediaには「1970年代以降に市街地老朽化と産業不振により治安、環境が悪化、急激な人口流出が始まった」と説明されていました。北部はスラム化が進行しているとも。

でも逆に、そうした街にカージナルスの優勝は明るい話題をもたらしたかもしれませんね。