ドコモ中村社長、「孫氏の発言には怒りすら覚える」という記事より。

中村氏は、「23日夜から言われっぱなしで、怒りすら覚える部分がある」と発言。ソフトバンクの新聞広告を持ち出して、「0円の表記と、孫社長の名前は大きく書いてあるが、大切な条件が小さく書いてある。ソフトバンクモバイルに移動したが、請求書を見て、こんなはずじゃなかったという人が増えることが心配。こういう出し方はフェアなのかどうか」などと語った。

ドコモの2006年度中間期決算の発表の場でのできごとだそうです。普段は他社批判などしない中村社長らしいのですが、これは相当な怒りようですね。

孫社長にしてみれば、問題提起をして一石を投じた、ということになるのかもしれませんが、確かにあの「0円」はどうなのかなー、とぼくも思いました。

「200円値引きを強調しているが、ソフトバンクは、10月1日から封書での請求書を100円値上げしており、また、ドコモユーザーの90%が使っているiモードに関しては、ドコモが200円であるのに対して、ソフトバンクは300円。これだけで200円は無くなる。また、200円の割引は頭にかかる割引であり、フルに効くわけではない。こんなことをいうと、すぐに400円に値引きするかもしれないが、現時点でそのままソフトバンクに移ると値上げになる」

この辺は数字のマジックなんですよね。いいところだけ言っていれば、どこも良いプランに見える訳です。

ソフトバンクがドコモやauの料金体系を複雑と言っていますけど、あまり詳しくない人からすればソフトバンクも複雑ですよ、きっと。現場の人も、かなり混乱しているのではないですかね。

オプションとかつけないでも良い、シンプルな料金体系希望ですね。