ブログが就職の「落とし穴」? ググられる学生たちという記事より。

「ブログのアクセス解析をしていたら、就活先の会社からのアクセスがあった、という友人もいました」。実名登録しているSNSからプライベートなブログへのリンクを削除するなど、就活をきっかけに、ネット上での活動を匿名化したり縮小した友人は多いと彼は言う。

人名で検索をかけている人というのは意外にいる気がします。ゆえに、就職活動先の人事担当者も検索しているのでは、というのは容易に考えられてしまいますね。

東京のIT企業に勤める人事担当者の「面接を受けに来た後、すぐ“みん就”に書き込む学生がいる。そういう子は『ああ、あの子だな』と分かる」というコメントも紹介されています。情報共有しているが故に、それがあだとなってしまうケースも出てくるのでしょうか。

せっかくだったら、履歴書代わりになるようなブログだといいですね。

それにしても就職活動のみならず、何か良くないことで話題になったりすると、あっという間にいろいろなブログで紹介されたりして、その後の人生にも大きく影響するような時代なのですね。100%消すことが難しいですからね。