【警告】Googleカレンダーで情報流出?というエントリーより。

無防備な人が多いには驚きます。Googleカレンダーで、まるでソーシャルブックマークみたいに公開設定をしている人が何人もいます。実に詳細な仕事のスケジュールが公の場にさらされており、このことを私どもの会社のスタッフが気づき、ぜひこのブログで警告してあげて欲しいというリクエストがありました。

「Google カレンダー」は共有できることが特徴で、それが良さであることはネタフルでも書いてきましたが、うっかり世界中のユーザに向かって共有できるように、つまり検索できるように設定してしまっている人もいるようです。

左にあるメニューの「カレンダー」から「カレンダーの管理」をクリックすると、カレンダーの共有設定を変更することができます。「共有」のところから設定を確認してください。

Google Calendar Trouble

「このカレンダーのすべての情報をすべてのユーザーと共有」になっていると、そのカレンダーは検索可能な状態になっています。スケジュールが他の人から参照できてしまうということです。

「すべてのユーザーとは共有しません」だったら大丈夫です。もちろんカレンダー情報を公開したい場合は「このカレンダーのすべての情報をすべてのユーザーと共有」でもいいでしょう。

想像するに、知り合いとカレンダーを共有することを考えてそう設定しているのかもしれませんが、その場合は「特定のユーザーと共有:」を使います。

Google Calendar Trouble1

使い方が間違っていないかどうか、一度確認してみてください。