渋谷公会堂が「CCレモンホール」にという記事より。

サントリーは20日、10月1日に新装オープンする渋谷公会堂(東京都渋谷区)の命名権(ネーミングライツ)を渋谷区から取得し、名称を「渋谷C・C・Lemonホール」にすると発表した。

なんですと!

渋谷公会堂が「渋谷C・C・Lemonホール」に!?

“渋公”はバンドの登竜門的な存在だと思っていたのですが、それがなんと「CCレモンホール」に。

渋谷区のスポンサー募集で、大手広告代理店の電通が落札。広告主を募集していたもので、名称は三者で合意した。契約は2011年9月末までの5年間で、契約金は年間8000万円。

“渋公”でライブするバンドは多いでしょうし、ありとあらゆる媒体やチラシで「CCレモンホール」の文字が踊れば、年間8,000万円というのも決して高くはないでしょうね。

「幅広い年齢層に支持されている商品のコンセプトが、幅広い世代に親しまれている渋谷の街にマッチする」とサントリー。

電通では、今後も公共施設の命名権制度導入が進むとみており、命名権ビジネスを本格化させる方針。

確かに施設側にしてみれば命名権を売るだけで莫大な収入が入ってくるので、美味しいかもしれません。ただ、利用者からすると思い入れのある名前もあると思うので、そのあたりはちょっとバランスが難しいですね。

いきなり「CCレモンホールってどこですか?」と聞かれても、分からない人も多いかもしれないので、これは1年や2年でスポンサー契約は解除できないですね。