「テレビはつまらない」。なのに、ネットでテレビを見る不思議という記事がありました。

「テレビはつまらない。見るのはインターネットばかり」と言いながら、インターネットでテレビのコンテンツを見ている、そんな状況が発生しているのです。

テレビって本当につまらないのかな? と、しばし考えてみたのですが、決してそんなことはないよな、と思いました。

ドキュメンタリー系の番組は好きで見るし、仮面ライダーカブトなんて必ず録画して子供と見ています。こんなに放送が待ち遠しいテレビ番組はいつ以来だろう。

やっぱりテレビの中にも面白いコンテンツはありますね。そうか、テレビという括りで見ているから分からなくなるのですね。コンテンツが面白い/面白くないで考えればいいのかな。

ネット上のコンテンツは群衆知とも言われますが、みんなで作り上げていくものが多いですよね。面白い人たちが集まって、面白いものを作り上げる。でも、つまらないコンテンツはつまらない。そう考えると、決してネットも面白いことばかりではないでしょう。

しかし、コンテンツの数がテレビとは比較にならないほど多くて、さらに自分でコンテンツを探しにいけるというところがテレビとの違いなのかな、と思いました。つまらなければ面白いものを探しにいけばいいじゃない、と。

そして記事ではこのように書かれていました。

インターネットだからといって、やたらと投票企画があったり、その場で買える仕掛けがあっても「ツマランものはツマラン」ので、そこで終了です。「ココロに刺さるコンテンツ」は、ツーウェイどころか、スリーウェイ、フォーウェイと、拡散していきます。

面白いコンテンツはバズっていくということですね。

そして結局のところ、

消費者は「それが1.0であるか2.0であるか」「それが広告かコンテンツであるか否か」「それが一方通行か双方向か」には最終的には興味ありません。「自分のココロに刺さるか、刺さらないか」にこそ興味があるのです。

というところに行き当たるのですよね。これはネットに限った話ではなく。

イイモノはイイ。イイモノは話したくなる。

これに関してはバズマーケティング、成功の秘訣は「商品の品質」と「ネタの濃さ」でも同じように語られていました。

共通点は「品質の高さ」と「(他人に語れるような)ネタの濃さ」にあるとし、「最も重要なのは商品そのものである」と強調する。

というところで「当たり前のことから始めよう」ということになるのですね。ココロに刺さるものは、なんなのか、と。