世界のカツラ工場として台頭する中国という記事より。

現在では、世界のカツラの7割以上が中国で生産され、世界各国に輸出されています。日本は、一般のオーダー・メイドのカツラのほか、医療用のカツラ、理髪師の試験用のカツラも中国から大量に調達しています。

「世界の工場」が「世界のヅラ工場」にもなりつつあるという記事です。韓国や台湾で生産していたカツラが、中国に移りつつあるみたいです。

貧しい農村部では、女性が髪を長く伸ばし、それを切ってカツラ工場に売り、家計の足しにしているのです。髪の毛を買うブローカーが中国の農村部を定期的に回っているので、髪を売りたい女性は、みなブローカーが来るまでに髪を長く伸ばしておきます。

中国の農村部の人はパーマをしないので、髪の毛が非常に良質と言われているそうです。30cmが1キロだと約7,700円、60cmだと1キロ約11,000円で取引されるそうです。

30cmに伸ばすのもけっこう時間がかかると思いますが、いい値段で取引されているのですね。

カツラ工場では、集めた髪を洗浄したうえ、色や太さ、髪質などによって細かく分類します。そのうえで、職人が髪を一本一本手作業でマネキンの頭に縫い付けていくのです。

ものすごい手作業で、カツラというのは作られているようです。