「ライト」「低タール」の表示禁止という記事より。

米政府がたばこによる健康被害に絡む費用の支払いをたばこ各社に求めていた訴訟で、ワシントン連邦地裁は17日、たばこ各社が、喫煙の有害性を消費者に十分に伝えないよう申し合わせていたことを消費者を欺く違法行為と認定、広告やパッケージなどで「ライト」や「低タール」など、健康への被害が少なそうな印象を抱かせる言葉の使用を禁じた。

アメリカでの話ですが、たばこの広告やパッケージに「ライト」「低タール」などの言葉を使用禁止とする判決が出たようようです。

「健康への被害が少なそうな印象を抱かせる」というのがその理由のようですが、なかなか難しいものですね。たばこを吸えば、ライトであろうがなかろうが健康によろしくない、ということなのだと思いますが。

「喫煙の危険性を警告することも命じた」ということで、今以上に健康に害がありますよ、ということを告知していくことになるのでしょうか。

「○○○ライト」という銘柄がなくなるということですね。