「Rubyのメッカに」と松江市長,研究・交流拠点「オープンソースラボ」開設という記事より。

松江市は7月31日,「松江オープンソースラボ(松江市開発交流プラザ)」を開設した。オープンソース・ソフトウエア(OSS)に特化した研究・開発・交流のための拠点として,誰でも自由に無料で利用できるよう開放,地域のIT産業振興を図る。

松江市では、「Ruby City MATSUE」という産業振興プロジェクトが進行しているのだそうです。

なぜ松江市でRuby? とも思うのですが、答えは簡単。「Ruby」を開発したまつもとゆきひろ氏が在住しているからなのだそうです。

松江市ではそこに着目し、

松江市では,Rubyをはじめとするオープンソース・ソースソフトウエアを松江市のIT産業の特色として活用することで,地域のIT産業の振興をはかる。

ということになっているようです。

松江市長の談話。

「これからは、明確な差異化戦略をとった地域のみが持続可能な都市として自立できる。差異化戦略とは地域ブランドの創造にほかならない。こうした中で、本市が注目したのが世界的に有名なプログラミング言語『Ruby』であり、その開発者である『まつもとゆきひろ氏』。松江を世界に誇れる『Ruby のメッカ』にしたい」

凄いですね、松江市。