楽天に大規模障害 店舗の4割で購入不能にという記事より。

楽天は8月10日、「楽天市場」でシステム障害が発生し、出店店舗のうち約4割・7413店舗が8月9日夕方から一時利用できなくなったと明らかにした。

約4割の店舗が利用できなくなったというのは、かなり大変なことですね。10日の昼の時点でも携帯電話からの購入などができなかったということです。

同社によると、8月9日午後4時15分ごろ、データサーバのメンテナンス中に人為的ミスでトラブルが発生したという。

人為的なミスも完全に防ぐことはできないので、そのためにバックアップなどがあると思うのですが、PCからの通常購入が復帰したのが翌日10日午前12時52分ということで、かなり長い期間に渡って利用できなくなっていたことが分かります。

楽天市場の大規模なシステム障害は、2001年12月の年末需要期に起きたサーバダウン以来。当時は約5300あった全店舗にアクセスできなくなったという。

今回は需要によるサーバダウンではなく、人為的なミスによるものなので、店舗側の受け止め方も違うものになっているのでしょうね。