マウスの「腹時計」特定 肥満治療の可能性もという記事より。

マウスの脳内に、周期的に餌を探す行動をつかさどる「腹時計」が存在することを米テキサス大の柳沢正史教授らが突き止め、31日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。

なんとマウスに「腹時計」が!

マウスに本来とは逆の昼間にエサをあげていると、昼夜が逆転することから「昼夜を刻む通常の体内時計が、腹時計に取って代わられると考えられ」ていたそうです。

その「腹時計」がどこにあるのかが謎だったのですが、「視床下部背内側核」という部位で時計遺伝子が活発に働いていることが突き止められ、「腹時計」がどこにあるか分かったというニュースです。

柳沢教授は「腹時計が食欲や食行動を支配する仕組みを解明すれば、人での治療法や薬の開発に役立つ」とコメントしており、最近話題の「メタボリック症候群」の治療法開発などにつながる可能性もあるということです。