新聞広告より効果アリ!? “mixiで求人”してみましたという記事より。

人材不足の昨今、即戦力となるスタッフの求人にはそれなりの費用と時間がかかる。この経費を低減するためにSNSを利用する企業が増えているようだ。

なんとmixiに「mixiハローワーク」というコミュニティが存在するそうです。メンバーは9,000人もいて、就職活動中の人、アルバイトを探している人などが登録しているとのこと。

ということで、この「mixiハローワーク」を利用して求人を体験した人のお話です。

新聞に求人広告を出すのと同タイミングで「mixiハローワーク」にトピックを立てると、新聞を見た人よりも遙かに多い人から問い合わせのメッセージが届いた。メッセージから応募者のプロフィール、日記、参加コミュニティなどをチェックして、年齢や居住地、興味のあることなど、面接に呼ぶ前にある程度の人物像を推し量ることができるのもSNSのメリットだ。

なるほど、良い人材を探すのはなかなか大変な昨今だと思いますが、こういうところで求人するという方法もあるのですね。アクティブな人が多いだろうから、反応も早そうだ。ある程度のバックボーンが見えるのもmixiの良さですね。

結論として正社員をじっくり探すのは難しいかもしれないけれど「小規模なアルバイトやパートタイマーを採用するための補助ツール」としては良いだろう、とまとめられています。