GDrive、ブロガー達ともぐらたたきというエントリーより。

Corsin Camichel氏は、利口にも、GoogleのWritely.comのURLにindex.htmlを付け足すことがロジカルなステップかどうかを試してみたところ、Googleのストレージサービスについての詳細が書かれ、Platypusとコードネームをつけられたページを見つけたと書いている。

試しにアクセスしたURLで、とんでもないものを発見してしまった人の話です。見つけてしまったものはこのページ

見ると分かりますが「Platypus(Gdrive)」というタイトルのついたページです。次のように機能が説明されています。

・Backup - マシンを失ってもファイルを復活できる
・Sync(同期) - 異なるOSでも大丈夫
・VPN-less acsess - ウェブでファイルが見られる
・Collaborate - 共有スペースを作れる
・Disconnected Access - 飛行機でもVPNが壊れてもアクセス可能

Googleがこれまで買収してきたサービスなどを考え合わせると、いずも実現可能なもので、それぞれの技術をうまく組み合わせて「Gdrive」というサービスを提供するのかな、と思えます。

ただし、この画像一枚のみが全ての噂の元になっているようで、真偽の程は定かではないようです。