スポンサードリンク

YouTubeで外部サイトにビデオの埋め込みをさせない方法

スポンサードリンク

YouTubeといえば、どんな動画でも埋め込み用のHTMLが生成され、それでクチコミで広まっていく‥‥と思っていたのですが、埋め込み用HTMLを生成しないというオプションもありました。

確かに、知らないところで自分の動画が再生されるのを好まない人もいるでしょうしね。考えてみれば普通にあって良い機能です。

ということで、動画を編集する際に「Allow External Sites to Embed This Video:」という項目があるので、「Disabled: External sites may NOT embed and play this video.」を選択するだけでOKです。

External Disable

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

瓶ビールが2本あるのだけれど栓抜きがない時に栓を抜く技

次へ

格安のSDメモリカード/miniSDメモリカード(2GB)