Google「自然リンクと人工リンク」を区別というエントリーより。

Googleのリンク分析技術を巡っては、先日エンジニアのMatt Cutts氏が「過度の相互リンクを実施しているサイト」や「インバウンド/アウトバウンドリンクの信頼性が著しく低いサイト」に対するクロール頻度を下げる、あるいは登録を行わない場合があることを指摘しており、リンクスパムの横行に対してGoogleは様々な対応策を試みている。

GoogleのPageRankでは被リンクが重要な要素となっている訳ですが、いかに良質な被リンクを獲得するか、で頭を悩ませている人も多いかと思います。

しかし、なんでもかんでもリンクして貰えば良いということではく、人工リンクではなく自然なリンクが重要になるというお話です。そういう人工的なリンクをGoogleは判断することができるということです。

仮にあまりよろしくないリンクをしているサイトがあるとすると、クロール頻度が下がったり、登録自体が行われない場合があるということで注意が必要です。

ではどうしたら、という話になるのですが、これはもう地道に良いコンテンツをコツコツと作っていくのが、時間はかかりますが最終的には財産になると思います。