吉野家 9月にも牛丼復活 当面は値上げ、数量限定という記事より。

米国産牛肉の輸入再開見通しを受け、牛丼チェーン大手の吉野家ディー・アンド・シーは、9月にも牛丼販売を再開する方針だ。

ただし、当初は流通量は以前の2割以下となるため、数量や時間が限定されるそうです。ということで、従来の280円よりは高くなりそうだとのこと。

独特な「吉野家の味」は「穀物で肥育されたバラ肉」が決め手で、「米国産以外では必要量を確保できない」(広報)ためだ。

ああ、懐かしいあの味!

実はただいま絶賛、吉野家の株主になっておりまして、つい先日、3,000円分の優待券が届いておりまして、それをいつ使おうかと構えていたのですが、これはやっぱり牛丼販売が再開された暁には、側近の田中アップルを連れていかないといけないですね。2株しか持っていないのに3,000円分もありがとう、吉野家。

吉野家の経済学

吉野家の経済学