攻撃ツールを販売するWebサイトがアンケート,「いくらなら買う?」という記事より。

セキュリティ・ベンダーの米Websenseは現地時間6月7日,スパイウエアや攻撃ツールなどをオンライン販売しているロシアのWebサイトが,同サイトのメンバー(登録者)に対して実施したアンケート結果を発表した。

スパイウエアや攻撃ツールなどをオンライン販売しているサイトのアンケート調査だそうです。日本ではお目にかかれませんね、こういうアンケートには。

ということで「100〜300米ドルまでなら攻撃ツールを購入するために支払う」という人が最も多かったそうです。何のために攻撃するのでしょうね。気に入らないから、同業だから、とかそういう理由なんでしょうか。

そのほかの回答としては,「300〜500米ドル」が8.9%,「500〜1000米ドル」が5.7%。1000米ドル以上払ってもよいとするメンバーは14%だったという。

そこまでしてでも攻撃したいのですね‥‥。