中国に残る 髪の毛で造る「醤油」という記事より。

「毛髪醤油」とは何か。「毛髪」と「醤油」に何の関係があるのだろう。上述したように、毛髪がアミノ酸の原料であり、醤油の原料がアミノ酸であることが分かれば、自ずと毛髪から醤油ができることが理解できよう。

かつて日本でも作られていたそうなのですが、髪の毛から作る「毛髪醤油」というものがあったそうです。髪の毛はアミノ酸の原料になるということで、「毛塵屋」という髪の毛を集める商売もあったそう。

で、この「毛髪醤油」の作り方ですが、

毛屑を10%の塩酸の中に入れて24時間ほど煮沸した後に濾過して苛性ソーダで中和させる

というものだそうです。成分が同じとはいえ、髪の毛が醤油の原材料になっているというのは、にわかには信じ難い話です。

そしてこの「毛髪醤油」が中国にはまだ残っている、というのが今回の記事。政府は禁止令を出しているものの、密造されて低級醤油として出回っているんだとか。

ということで、

「安かろう悪かろう」は万国共通であり、中国に行かれた際には、たとえ好奇心がわいても「安い食品は食べない、路傍の屋台店では食べない」が鉄則である。

気をつけてね、というお話でした。