<ETC>強行突破増える 逃げ得防止、カメラ設置へという記事より。

全国の高速道路で、ETCレーンを強行突破し、通行料を踏み倒して走り去るドライバーが増えている。

逃げ得になるということで、これは由々しき事態ですね。

九州の高速道路では、強行突破が02年度約1100件から04年度約3400件と3倍に急増した。

これはですねぇ‥‥フニャフニャなんですよね、あのバー。

実はぼくも突っ込んだことがあるのです。いつも通りにスピードを落としつつ進入してこの辺で開いて‥‥お、おや開かない? と思って急ブレーキをしましたが、バーに突っ込みました。

あーーーー、やっちゃったーーーー、と思ったらバーがフニャーとしまして。とりあえずそのまま通り過ぎましたが、かなり柔らかい素材だということが分かりました。

ぼくの場合は機械がきちんと通信できなかったことによりバーが開かなかったのですが、確かにそういうケースはままあるのではないかと思います。バーが固かったら大変にことになりますね。

結構なスピードで料金所を通過していくクルマもけっこうありますが、ETCを通過する時は最徐行と、改めて肝に銘じた次第です。

ちなみに料金所のおじさんがETCカードを取りにきてくれて、それで課金しました。あまり焦った風でもなかったので、意外によくある話なのかもしれません。