210億円の根拠はという記事より。

ピュニティブダメージとは、一般に懲罰的賠償と訳される。許容できない行為に対して制裁を与え、以後、同じような行為をしないように抑止することを目的として、加害者に巨額な賠償金を課す制度である。

北米トヨタで起きたセクハラ訴訟で、約210億円という高額な損害賠償が請求されましたが、こうした懲罰的損害賠償を「ピュニティブダメージ」というそうです。

「トヨタの売上高や資産を考慮すれば、数億円程度の請求では適当なダメージを与えることはできない。再発防止を促すには、相応の金額を要求する必要があった」ということです。

アメリカでは、マクドナルドのドライブスルーでコーヒーを受け取った女性が発信後にこぼして火傷したということで、270万ドルのピュニティブダメージが認められました。

このようにアメリカでは「ピュニティブダメージ」が認められていますが、高額化しすぎて企業への影響も大きいため、州によっては「本来の補償的賠償額の数倍までといった制限」を設けているところも出てきているそうです。

日本的感覚からすると、やたらと大きい損害賠償額に驚くのですが、懲罰的という意味合いが込められているのですね。