堀江被告「生き急ぎすぎたかな」という記事。

約3カ月に及んだ東京拘置所での生活は「生き急ぎすぎたかなと(人生を)振り返る時間があった」と感想を漏らしているという。27日夜は自宅で弁護人らと慰労会を開き、今後は裁判の準備に専念する予定。

ホリエモンが、拘置所生活を振り返り「生き急ぎすぎたかな」というコメントをしているそうです。

テレビで動いているホリエモンを見ましたが、痩せて若返り、なにか憑き物が落ちたようなスッキリした顔をしていると思いました。オン・ザ・エッヂを立ち上げ頃のような顔つきとでもいうのでしょうか。

ライブドアの経営に関しても携わらない意向で、USENとの提携も「うまくいくといいですね」と話しているということです。

ホリエモン、どこへ向かうのでしょうか。

ホリエモンへの手紙

ホリエモンへの手紙

■関連記事

堀江被告、ライブドアの経営に関与せず

約3畳の独房生活だった拘置所から東京・六本木ヒルズの自宅マンションに戻った際の第1声は「広いですね」。マンションのエレベーターでは、数人の住民から「お帰りなさい」と声を掛けられたという。