シンガポール人が探した「秘伝書」あったという記事。

シンガポール人一行が「秘伝書」を持つ日本人空手家を捜して青森県内をさまよっていた件で、同県平内町の武道家・福田祥圓(しょうえん)さん(61)が「自分のことではないか」と名乗り出ていたことが12日、分かった。

父親の遺言をもとに、青森で秘伝書を探していたシンガポール人が白神山地で遭難していたりした件ですが、ほとんどネタみたいなものだと思っていたのですが、なんと名乗り出た人がいるそうです。

日本人空手家を捜すために来日したのはシュイ・テンリンさん(25)ら一族13人。テンリンさんの父親シュイ・ジエンシュイさんが「北海道ではない北の果てにいる日本人の空手家から秘伝書を譲り受けてくれ」との遺言を残したという。

このような遺言をもとに青森をさまよっていたシンガポール人一族13人ですが、30年前に修行にきたのがその父親ではないかと名乗り出た「北拳派中国空拳法道」の福田祥圓氏61歳です。

一行が、空手家捜しのキーワードに挙げていたのは「ソーマ」「秘伝書」「人里離れた道場」「65歳」など。福田さんは空手家ではないが、青森県五戸町の山中に道場を持ち、年齢は61歳。気の流れの「波動」を自在に操るという空拳法道の極意が記された「秘伝書」も持っており、多くのキーワードが合致した。

いやー、なんか凄い話ですね。この家族の執念というんでしょうか、なんだかマンガみたいな話ではありますが、信じれば道は拓けるのでしょうね。

秘伝書は福田氏が修行して譲り受けたもので渡すことはできなかったそうですが、代わりに亡くなったお父さんの空拳法道の認定書を送ることになったそうです。

これで家族も安心してシンガポールに帰れますね。