キリンがアサヒを逆転、6年ぶり首位という記事より。

発泡酒と「第3のビール」を含むビール類の総出荷量(課税ベース)のシェア(占有率)争いで、第1・4半期(1-3月)累計はキリンビールがアサヒビールを逆転し首位となったことが12日、大手ビール各社の出荷実績などで分かった。

1-3月期比較での逆転は6年ぶりだそうです。

キリンの出荷量は前年同期比26・5%増の3731万8000ケース(1ケースは大瓶20本分で換算)、アサヒは3・1%増の3494万ケース。この結果、キリンのシェアが38・4%、アサヒが36・0%となり、2・4ポイント差が開いた。

キリンは発泡酒と第3のビールが好調だったものの、アサヒは逆に奮わなかったようです。

確かに、最近は何かとアサヒ以外のビールなり発泡酒なり第3のビールなりを飲む機会が増えている気がします。

以前はなんとなくスーパードライのイメージが強くて、ビールならやっぱりアサヒかな、と思っていたのですが、発泡酒だったら淡麗とか、ビールだったらモルツとか、アサヒ以外に手を伸ばす機会が増えてますね。

みなさんはいかがですか?