買収でボーダフォンユーザーはどうなる?という記事がありました。

果たして同社のサービスは今後どうなっていくのか、現在ボーダフォンの携帯を使っているユーザーにとって何が変わり何が変わらないのか。

ということで、既存のボーダフォンユーザは、サービスが良くなるのか悪くなるのか、心配しているところではないでしょうか。

少なくとも悪くなることはないでしょう。しかもナンバーポータビリティーを控えているので、かなり良くなることが予想されます。そのタイミングでユーザをごっそり掴みたいでしょうからね。

となると、一番効き目があるのはやはり「料金を安くする」ということでしょう。あくまでも予想ですが、けっこう驚きの価格体系を持ち込んでくるのではないかと思います。

ボーダフォンは現在バックボーンネットワークの一部を他社から借りたりして賄っているが、今回の買収により、日本テレコムやソフトバンクが持つバックボーンネットワークが利用できるようになるからだ。

このようにコストが削減されるメカニズムも用意されています。

もっともユーザを引きつけるのは、このコストの部分でしょうね。

特に3Gのネットワークでは、つながらない場所が多いというユーザーからの声があることを認識していると話し、空白地帯を早期に埋めるべく積極的に設備投資を行っていく方針を表明した。

もはや繋がって当たり前ですので、これは当然の強化として迅速に進められるはず。

あとはコンテンツ強化がポイントになるはずです。

「ヤフーとソフトバンクグループ各社の総力を挙げてコンテンツの強化を図る」(孫氏)意向を示した。ヤフーにはオークションやショッピングを始めとする幅広いジャンルのコンテンツがあり、その半数以上でモバイル向けのサービスを提供している。

PCユードには圧倒的なYahoo! ブランドですが、果たして携帯電話オンリーのユーザにはどう映るのか。確かにYahoo! のコンテンツが自由かつ簡単に使えるようになるのはメリットですが、もう一歩進んだ戦略が必要なのもまた事実かもしれません。

が、この辺は孫さんがやってくれるのだから、という根拠のない安心感というか期待感もあったりします。

ボーダフォン買収めぐる、各社の反応という記事では、同じく携帯電話事業へ参入する予定のイー・アクセス千本会長が、

「(ボーダフォン買収は)孫社長ならではの大きな決断。コンテンツをたくさんお持ちで、すぐサービスを開始できるという戦略はそれなりに意義があることだと考えている」

と冷静にコメントしていますが、内心はかなりガックリというか焦っているというか、先を越されたと思っているかもしれません。

■関連記事

「3位のままでいるつもりはさらさらない」-孫氏が語る今後の携帯電話戦略

グループ会社のTVバンクが持つ動画コンテンツや、MOVIDA ENTERTAINMENTらのゲームコンテンツなどを携帯電話に配信する計画も持っている。

1.75兆円は高い?安い?-ソフトバンクがボーダフォンを買った真の狙い

つまり、ソフトバンクは今回の買収を通じて、全世界のVodafone Groupのネットワークにコンテンツを配信する足がかりを得たことになる。傘下に動画配信サービス会社のTVバンクや多くのオンラインゲーム会社を持つソフトバンクにとって、これらのコンテンツの世界展開は、新しい大きな収益源となりそうだ。

ソフトバンクが「新規参入」から「買収」に考えを変えるまで

やがて「いっそのこと買収した方が早いかな」(孫氏)という決断がソフトバンク内でなされる。当初は、新しくて性能面で優れるネットワークを構築したほうがトータルのコストは安くあがるという議論もあったが、さまざまに検討を重ねた結果“時間をお金で買うのも戦略の1つ”という案が浮上した。

イー・アクセス千本氏、携帯業界を斬る「国家として致命的ミス犯した」

千本氏は「日本の衰退を招いたのは、ドコモのせい」と鋭く言い放つ。日本の既存キャリアが日本独自仕様の“クローズドな”通信環境を整備した結果、端末メーカーが海外に開かれた商品戦略を練ることができなかったという議論だ。

モバイル業界に明日はあるか? 危機感にじませる津田会長

これまで国内携帯キャリアは好調で、日本式モデルがあればこそ今日の成功がある……という議論に終始することが多かった。かつてNTTドコモの経営幹部として日本モデルを推進していた津田氏自身が、こうした形で疑問を投げかけるのは極めて興味深い。