指をポキポキ鳴らすと太くなるって本当?という記事より。

指や首を曲げたりしたときに、“ポキポキ”という音が鳴ったり、同時にちょっとした爽快(そうかい)感を味わった経験はないだろうか? このような行為は、“関節を鳴らす”などといわれるが、指を“ポキポキ”鳴らすのがクセになってしまっている人もいるかも知れない。

ああ、ぼくもポキポキ鳴らします。なんかね、気持ちいいんですよ。でも確かに子供の頃は指が太くなるとか言われましたね。しかもなんで鳴るのかよく分からないし。

指や首を曲げたときの“ポキポキ”という音は、体内で発生する“衝撃波”が原因だという。つまり、関節が鳴るときには、関節全体を包み込んでいる「関節包」の内部で衝撃波が発生し、それにより音が出ているというのだ。

しょ、衝撃波!

関節を曲げる時に圧力変化により気泡が発生し、さらにそれが消滅することで気泡音が衝撃波となって、骨やじん帯・筋肉などを振動させ「ポキポキ」と鳴るんだそうです。

そんな仕組みになっていたのか。

そう説明されてから今、自分の指をポキポキさせてみたいのですが、瞬間的に↑のようなことが起こっているというのは不思議です。

また、

この衝撃波は周囲の軟骨やじん帯などに損傷を与えることがあるという。傷ついた軟骨やじん帯では修復のため、軟骨組織の増殖が起きるが、その結果、関節部分が太くなってしまう。

ということで、指が太くなるというのも本当の話だったようです。

あとは首をポキポキ鳴らす人はちょっと注意が必要みたいですよ。「背中を丸めた状態で首の関節のストレッチを行なうと、首の骨が神経をはさんでしまうことがある」なんていうコメントも紹介されていました。

分かってても気持ちいいからポキポキしちゃうんだよな〜。