松尾スズキ 芥川賞受賞逃すという記事より。

第134回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が17日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は絲山(いとやま)秋子さん(39)の「沖で待つ」(文学界9月号)に、直木賞は東野圭吾氏(47)の「容疑者Xの献身」(文芸春秋)に決まった。

記事のタイトルにも出ている通り、今回は誰が芥川賞・直木賞を受賞したかということよりも、松尾スズキが受賞を逃したことの方に焦点が当たっています。

しかし、絲山氏は4回目、東野氏は6回目の候補ということで、共に実力は十分でした。

絲山氏は「芥川賞は足の裏に付いたご飯粒のようで気持ち悪かった。今はのどの小骨が取れた感じ」とコメント。東野氏は「(最初のノミネートから)7年かかった。落ちるたびに選考委員の悪口を言いながらやけ酒を飲んでいたけど、きょうは“直木賞はやっぱりすごい”とほめながら酒を飲みたい」とコメント。

▼絲山秋子「ニート

ニート

▼東野圭吾「容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

▼松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ

クワイエットルームにようこそ

■関連記事

松尾スズキ、芥川賞を逃す

選考委員の池沢夏樹氏は「松尾さんの作品が話題だということはよく分かっていました」と前置き。「読んだ人の7〜8割が納得するが、危ない橋を渡ってほしい気持ちもある」など受賞作以外では同作について最も言及していた。