「お茶づけ海苔」の父、永谷嘉男さん死去というニュース。

食品メーカー永谷園創業者で名誉会長、永谷嘉男(ながたに・よしお)さんが昨年12月28日午前11時40分、心不全のため東京都港区の病院で死去していたことが11日、分かった。

「江戸風味 お茶づけ海苔」「松茸の味お吸いもの」「おとなのふりかけ」「すし太郎」「あさげ」などの和風即席食品を開発した、永谷園の永谷嘉男氏が82歳で亡くなったそうです。

どれも偉大なインスタント食品です。みんな知っているだろうし。しかもどれも口にしたことあるってのが凄い。

「居酒屋で頼んだお茶漬けからヒントを得て、あられを入れるなどの工夫を凝らし」てお茶漬け海苔は誕生したということです。ご冥福をお祈りします。

辞令「ぶらぶら社員を命ず」―永谷園ヒット商品開発の秘密