ヒューザー社長は演歌歌手だったという記事より。

耐震強度偽造問題の渦中にあるヒューザーの小嶋進社長(52)が、5年前に“自称・歌手”として活動していたことが、25日に分かった。

なんと、耐震強度偽造問題のヒューザー小嶋進社長が、徳間ジャパンの演歌レーベル「ミノルフォン」から自主製作盤をリリースしていたことが明らかになったそうです。当時の芸名は「嶋進太郎」とのこと。

見たら「温海(あつみ)慕情」「庄内温海小唄」のカセットテープがYahoo! オークションに出品され、62,000円に高騰しています。

カセットテープの表ジャケットには背広姿、裏ジャケにはセスナ機の前で笑顔で登場している。

自称“歌うパイロット”だそうです。