「楽天市場」個人情報流出事件、容疑者は出店店舗の元従業員だったそうですね。

センターロードが楽天市場に出店していた店舗「AMC」での取引に関する個人情報が流出した件について、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは、東京都葛飾区在住の男性(33歳)を不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕したと発表した。

やはり人為的に情報流出が行われていたそうです。元従業員が自宅PCから楽天の管理サーバにアクセスし、情報を持ち出していたようですね。

不正アクセスに利用したユーザー名とパスワードは、楽天が「利用権者」としてセンターロードに付与したものだった。

管理者が変わるときは、パスワードを必ず変更するという対応が必要ですね。

センターロードによると「詳細は確認中だが、容疑者は2004年末ごろまでにセンターロードを退職している」とのこと。