単純だから病みつき…「数独」欧米で大ブームという記事がありました。

1970年代から米国のパズル雑誌が「ナンバープレイス」の名で掲載。日本のパズル会社「ニコリ」が84年に「数独」の名前をつけて日本に紹介した。同社の鍛治真起社長によると、「数字は独身に限る(1ケタの数字しか使えない)」というルールを短縮したのが名前の由来。

日本ではブームにならなかったけれど、ある外国人が夢中になり個人ウェブサイトで紹介し、さらに英紙「ザ・タイムズ」に持ち込んで採用されたそうです。これで火がつき、欧米で大ブームになっているんだそう。

記事によれば、

教師向け雑誌で、子供の知的発達を助けると太鼓判を押されたことも、「頭脳によいパズル」とのイメージを広げ、ブームに拍車をかけた。

ということです。実際に試すと、頭を使う面白いパズルだということが分かります。

で、この「数独」はどんなものなのかと。疑問に思った方も多いと思います。検索するとすぐにでてきますが、ニコリ公式パズルガイド「数独」の解説が非常に分かりやすいです。

1 〜 9までの数字しか出てこないのに、なんでこんなに熱くなるんでしょうね。と、そんな気がしました。確かにこれは面白い。1 〜 9しか使わないのに!

シンプルなアイデアを複数組み合わせるあたりが、ハマってしまうんでしょうね。シンプルなアイデアを複数組み合わせると、予想もしないアイデアに辿り着くもんだ、なんてことを思ってしまいました。

頭の体操、暇つぶしにはもってこいです。

激辛数独 (2)

激辛数独 (2)